COLUMN

おいしい記憶

2020.10.21
Gourmet・美食

みなさんの「今までで一番おいしかった!」は何でしょう。

 

あっ、ごあいさつ遅れました。栄養士・お料理サービス担当をさせていただいております志賀と申します。

 

私の一番は『塩むすび』!
新潟の農家の方からいただいた新米を土鍋で炊き、「アツアツっ」といいながら手塩でふんわりと握る。握りたてをすぐにほおばるとホロリと広がり、噛みしめるごとに甘みと深~い味わいとともに幸せが押し寄せてくる。

 

「おいしいね~」そんな言葉と笑顔が自然とあふれる食卓。

 

弊社のお料理サービスも、お客様の『おいしい記憶』に残っていただけるよう努めて参ります。肌寒さが本格的になってきました。
ご体調など崩されませんようご自愛ください!

 

今回は、あたたか料理を2点紹介させていただきます。

 

【春菊と鶏肉のもち麦入りタッカンマリ風】

 

 

タッカンマリは鶏一羽を使った韓国の鍋料理。今回はコラーゲンたっぷりの鶏手羽でアレンジしました。春菊には粘膜を健やかに保ち、免疫力アップが期待できる成分『カロテン』が豊富に含まれています。

 

<材料>2人分

春菊・・・1/2束~お好み量
鶏手羽先・・・400g程度
もち麦・・・大さじ3
にんにく・・・1片
しょうが・・・1片
ごま油・・・大さじ1
塩・・・少々
水・・・4カップ
糸唐辛子・・・適宜

A【顆粒鶏ガラスープの素・・・小さじ2
砂糖(粗製糖やはちみつなど)・・・小さじ1/3】

 

<作り方>

  1. 春菊は固い茎の部分は切り落とし、ざく切りにする。
  2. 鶏手羽先は関節を切り落として食べやすくしておく。
  3. にんにく、しょうがはみじん切りにする。
  4. 鍋にごま油を熱し、(3)のにんにくとしょうがを加えて炒め、香りがたってきたら(2)の鶏肉、塩をふって炒め合わせる。
  5. (4)の全体に油がなじんだら水、A、もち麦を加えてアクをひきながら20分ほどコトコト煮込む。※もち麦の状態をみて火と水加減の調整をお願いします。
  6. 仕上げに(1)のざく切り春菊を加えてさっと火を通し、お好みで糸唐辛子を添える。

 

 

 

【ごぼうとれんこんのポトフ】

 

 

食物繊維豊富なごぼうとれんこんには、感染症などに対する抵抗力をつける成分が豊富に含まれています。今回は有機野菜を皮ごと乱切りで使用。肉類はおでん用の市販の牛すじ肉を加えてうま味をアップ!時短調理も実現できます。
下処理が必要になりますが、牛すじ肉の代わりに牛スネ肉や牛タンを合わせれば本格派の一品になりますよ!

 

<材料>2人分

牛すじ肉(市販のおでん用など)・・・120g
ごぼう・・・中1/3本
れんこん・・・150g
にんじん・・・中1/2本
ローリエ・・・1枚
A【水・・・3カップ
コンソメ・・・1個
白ワイン・・・大さじ1】
塩・こしょう・・・各少々
お好みのハーブや薬味・・・適宜

 

<作り方>

  1. ごぼうはこすり洗いをしてから斜め薄切りにし、れんこん、にんじんはよく洗って一口大の乱切りにする。※気になる場合はピーラーなので皮をむく。
  2. 鍋にA、(1)のごぼう、れんこんとにんじん、牛すじ肉、ローリエを入れて素材に程よく火が通るまでコトコト煮る。根菜のシャキシャキ食感がお好みの場合は20分くらい加熱。やわらかホクホクに仕上げる場合には30分以上加熱してください。
  3. 仕上げに塩、こしょうで味を調え、お好みでパセリのみじん切りなどを散らす。

※圧力鍋を使用すれば時短可能です。

 

おすすめ調味料『ハリッサ』

カルディで入手可能な、地中海生まれの万能ピリ辛調味料『ハリッサ』
ポトフに添えればうま味と程よい辛味をプラスすることができます。

 

またお会いしましょう!

 

おためしサービス・お料理代行はこちら