COLUMN

ミッシェルLEGENDインタビューvol.1

2021.05.20
Topics・トピックス

お客様の要望に真摯に向き合う家事のプロ
 

家事代行歴15年、延べ4,000件以上をこなす現役の花澤トレーナー
お客様からの指名も多く、レジェンド的存在である花澤トレーナーにプロとしての心得について伺いました。

 

 
 

スタッフN:家事代行のお仕事をやってみようと思ったきっかけは?

 

花澤トレーナー(以下:花澤):子育てから手が離れて何かお仕事したいな、と思っていてふと新聞をみていたら家事代行の職業が目に止まったの。専業主婦の私にはもってこいのお仕事。すぐに電話で問い合わせをしてみたの。お料理にお掃除、今までやってきたことが生かせるなんて素敵じゃない?!とてもうれしかった。
採用が決まり、マネジャーと初めて作業に行くときの緊張は今でも覚えているわ。
そして初めて働いてお給料をもらえたことがすごく嬉しかったわ。

 

スタッフN:特にお料理の腕前がすごいですよね、お食事を作るときに心がけている事は?

 

花澤:お客様の体調やコンディションをくみ取り、好みを思い浮かべながら献立を考えるようにしているわ。
一汁三菜を心掛けて健康的な生活を送っていただくためにね…。私はお客様ごとに献立ノートを作っていて、メモを見ながら飽きさせないよう工夫しているの。もう、何十冊溜まったかしら…?

 

※花澤トレーナーの献立ノート!
 

それから盛り付けかしらね。やはりお料理は盛り付けがとても大切。同じお料理でも盛り付け方次第で印象が変わっちゃうでしょ?上品にそして美味しそうに盛り付けるのが大事。器選びもお料理の醍醐味かしらね。
レポートのメッセージ欄に「美味しかったわ。また作ってほしい」「作り方を教えてほしい」「今度一緒に作ってほしい」なんて書いてあると、やっぱり嬉しいわね!

 

スタッフN:お仕事をしている中で、やりがいを感じるのはどんな時?

 

花澤:毎週訪問しているうちに、お客様からとても信頼されているなと感じた時かしら。
「そろそろ夏のお布団に交換いたしましょうか」「雨が上がったので玄関を念入りにお掃除させて頂きますね」そんな日常のやり取りにとてもやりがいを感じるわ。
 
「家事」って、ある意味とてもクリエイティブなお仕事だと思うの。日によってお客様のお部屋の状況も違ったり、冷蔵庫の中身を確認しながら献立を考えたりと、同じ作業をやるだけじゃないのよ。だから、毎回状況に応じてベストを尽くすよう心がけているわ。その積み重ねがお客様との信頼関係につながるんじゃないかしら。

 

スタッフN:なるほど…。確かに週によってお客様のお部屋の様子も変わりますよね。ひとことで「家事」と言っても奥が深いですね!
最後に新人スタッフへアドバイスをお願いします。

 

花澤:そーねー(笑)。
まずは楽しくお仕事してほしいわ。「家事」と言っても範囲が広いでしょ。だから幾つになっても勉強になるわ。自分の好きな家事を極めるのも素敵じゃないかしら!その為に好奇心を持つことも大事よ。
 
あとはひとりで作業するから孤独を感じるかもしれないけれど大丈夫。トレーナーや仲間もいるし、何より一生懸命さは必ずお客様に伝わるもの。ぜひ頑張ってほしい。そして悩んだ時は何でもマネジャーに相談するの。
みんな親身に話を聞いてくれるわよ!

 
スタッフN:本日は貴重なお話をありがとうございました!
 


取材時に調理いただいた「人参のラペ」絶品でした・・・
※撮影のため、マスクを外しております※

 

 
弊社家事サービスにご興味ありましたらお気軽にお問い合せくださいませ!

 
『お料理代行ミールスタンダード』プラン詳細はこちら

 
また、Michell!公式Instagramも日々更新しております!
Michell公式インスタグラム
 

ARCHIVE