家事代行コラム

  1. ホーム
  2. 家事代行コラム
  3. 家事代行と家政婦の違い
  • 家事代行コラム

家事代行と家政婦の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

掃除や料理、クリーニングまで行ってくれる家事代行サービス。

家事全般を行うので、“家政婦”と同じなのでは?とお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、家事代行と家政婦の違いをご紹介したいと思います。

契約形態の違い

まず、そもそものお話ですが、契約形態が違います。

  • 家事代行・・・お客様の家事代行業務を企業が請負い、会社が雇用しているスタッフにその業務を命じます。
  • 家政婦・・・家政婦紹介所が家政婦を紹介し、お客様が家政婦を直接雇用し、家事業務を命じます。

一般的に、家事代行サービス会社に従事している方をスタッフさん・キーパーさん、家政婦紹介所から来る方を家政婦さんなどと呼びます。

利用される方にとっては、上記の契約形態の違いこそあれ、人に来て貰って家事業務をしてもらうことに変わらないため、家事代行と家政婦を同じように考えがちですが、実はこのように業務指示する人が異なるという大きな違いがあります。

指示系統の違い

家事代行の場合にはお客様がスタッフに直接指示することは限られ、原則的に会社を通すことが求められます。

例)作業日や作業時間の変更、大幅な作業内容や量の変更など

一方、家政婦はお客様が直接、家政婦さん本人に確認・指示することが出来るため、都度変更などを速やかに行う事ができるといえます。

また、家政婦や家事代行スタッフが、長期休暇や健康上の理由などで就業できなくなることがあります。

その際、家事代行の場合は速やかに会社が代理スタッフを手配してくれますが、家政婦の場合は本人の復帰までお休み、もしくは臨時で新しい人を探す必要があります。

破損や事故対応の違い

前述の代わりのスタッフの手配なども違いとして挙げられますが、利用をご検討されている方がもっとも心配されるのは、破損や事故対応ではないでしょうか。

家事代行サービスの場合は契約当事者が企業ですから、概ね第三者損害賠償保険に入っているため、まずは安心といえます。

しかし家政婦の場合、個人での賠償の限界などについては確認が必要となるでしょう。

特に高層マンションなどでは、水漏れ事故が下層階に及び費用が高額になることも考えられますので要注意事項です。

※上記は、全ての家事代行企業や家政婦紹介所に当てはまることではなく、異なる場合もございますが、ご利用の際は、充分に確認される事をおすすめ致します。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

家事代行と家政婦の違いを知ることで、双方のメリット・デメリットが見えてきたのではないでしょうか。

是非、ご自分のライフスタイルやご要望にあったサービスをお選びください。