ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース一覧
  3. シェフが教えるお料理教室~地中海料理~を開催 PART2

シェフが教えるお料理教室~地中海料理~を開催 PART2

シェフが教えるお料理教室の2回目を開催しました。

1回目のチュニジア料理に続き、モロッコ料理を教えていただきました。

 

【メニュー】
シーフードタジン・・・モロッコ風ブイヤベース
モロッコ風ローストチキン・・スパイスたっぷりのチキンをオーブンで
ホブス・・・バターを使わずシンプルに焼き上げたパン

 

モロッコ料理は、先住民族ベルベル人によるベルベル料理が元になり、その後アラブ、ペルシャ、トルコなど周辺諸国からの影響を受け、現在の形になったといわれています。

モロッコ料理の特徴のひとつは、スパイスがふんだんに使われていることで、料理にあわせて、サフラン、クミン、シナモン、パプリカ、ターメリックなど様々な香辛料をブレンドし、多用します。さらに料理によってコリアンダーやイタリアンパセリなどのハーブ、香味食材としてオリーブ、デーツ(なつめやし)、アーモンドなどのナッツ類やフルーツ(レモン、りんご、アプリコット)などで味付けされます。

 

円錐型の独特な形をした蓋の土鍋・タジンでつくる蒸し煮込み料理がタジン。タジン鍋の鍋蓋には蒸気の抜ける穴がなく、弱火で煮込むことで、素材そのものの水分を生かし蒸し料理やシチューを作ります。今回は数種の魚介類をトマトベースのスープでスパイスを加え煮込み、魚介の味わいを深めました。

モロッコの主食であるパンはホブスと呼ばれ、添加物やバターを使わず円盤状にして焼いたシンプルなパンです。タジンの付け合わせにいただきました。

 

2010年、イタリア料理、ギリシア料理、スペイン料理とともに、モロッコ料理が地中海の食事としてユネスコの無形文化遺産に登録されました。タジン鍋は日本でもすぐに手に入る料理道具ですので、無形文化遺産であるモロッコ料理にもう一度チャレンジしてみようと思います。

 

20161206032016120607

 

ローストチキンタジン

 

 

before
Next