自由時感

  1. ホーム
  2. 自由時感
  3. リノベーションで実現する豊かな暮らしを広めたい。

時間の生き方1問1答

Q1.谷島さんが考える「豊かな暮らし」とは?

仕事も住まいも、自分の心の声に正直に生きること。ひとつひとつの選択に意思をもつこと。余裕をもつことが豊かな暮らしではないかと考えています。20代の頃は、自分が好きなものよりもブランド名がついていればそれで良かった時期もあったのですが(笑)。他人がどう評価するかよりも、自分はどうしたいのか。住まいはもちろんのこと、インテリアやちょっとした小物も同様に意思をもって選んでいます。
子育てについても同様のスタンスで考えていて、仕事と子育てのバランスを決めるのは自分である、ということは常に意識をしています。今の時期は仕事も大事だけれど、子供と一緒にいる時間も大切だと考えているため、時短勤務を実行しています。とはいいつつ、自分自身のコンディションがよくないと、保育園に預けるのはかわいそうなど、他人の意見に左右されることもあるので、ブレない心を持つため修行中です(笑)。
私の場合、自分がやりたいこと、重点を置きたいことに注力しすぎると他がおざなりになる傾向もあるため、仕事でもプライベートでも積極的に他人の助けを借りるようにしています。あと、頑張りすぎないこと。常にちょっとだけの余裕を持って生活するようになりました。これは子育てをしている中で、ママが倒れてしまうと家族が一気に崩壊してしまうため、意識するようになりました。起業したばかりの頃は、仕事が100%で余裕をもつなんて発想はなかったかもしれません。

Q2.今後の目標やそれに向けた取組みなどはありますか?

今年で会社を起業して10年目になります。次の10年に向けて新たなチャレンジとしては、今まで積み上げてきた弊社の不動産会社であり設計事務所である経験を活かし、地元が抱える空き家問題に着手したいと考えています。その第一歩として、スタッフ皆で私の故郷でもある佐賀への視察旅行を予定しています。そこでは、「不動産」「デザイン」に加え、「コミュニティーの形成」にも力を注ぎたいなと考えています。公私混同ではありますが、子供たちに今の都会の暮らしだけではなく、田舎の暮らしも両方経験させてあげたいという思いもあり、また、祖父母や友人たち等、幅広い年齢の人たちとのふれあいも期待しています。

Q3.人生という自由時間、どう使う?

一番楽しいのは新しいことにチャレンジしている時です。会社のミッションにも掲げていますが「不動産とデザインで新しい暮らしを創造する」ことに喜びとやりがいを感じています。自分がワクワクすることに全ての時間を使いたいし、一緒にワクワクできる家族や仲間と一緒に人生を楽しみたいです。

著書「ビギナーのための賢い家のつくり方 中古を買って、リノベーション。」(東洋出版)
リノベーションの指南書として活用して欲しい一冊。

センスよくアレンジメントされたドライフラワー。瓶に入れたり吊るしたりなど、ディスプレイにもこだわりが。

恵比寿に構えた事務所は、もちろんリノベーション。スタッフと共に創り上げたスタイリッシュで落ち着いた空間が広がる。

仕事も子育てもパワフルにこなす谷島さん、
本日はありがとうございました。

谷島さんが経営する
株式会社Style&Deco 公式サイト(http://www.style-and-deco.com/
中古物件×リノベーション支援サイトEcoDeco(http://www.ecodeco.biz/

  • 1
  • 2

“使い続けられる楽しさ”を基準に
モノを選ぶというエコ。

せんせい:高橋百合子

買い替えればエコ。そんな情報に溢れている近ごろの中で、環境にいいモノを選びたいけれど忙しい中で品物を吟味するのはちょっと難しい気が。ちいさな時間にできるエコなお買い物のコツとは?そこで‘90年代から国内外のサスティナブルな商品を・・・

無理なく、そして楽しく。
日々の暮らしを上手に整えるコツ。

せんせい:門倉 多仁亜

忙しいと後回しにしがちな家の中のお手入れ。特に真夏の時期は、すっきりとした家で心地よく過ごしたいものです。そこで今回は、ちいさな時間で家をきれいに保つコツや、素敵なインテリアの作り方を料理研究家の門倉多仁亜さんに教えていただき・・・

変化する自分と家族を見つめて。
住み処を流動させるという価値観。

せんせい:馬場正尊

家族を持ったら土地を買い家を建て終の棲家を得る。それが理想の生き方である。世の中にはそんな観念がありはしないでしょうか。しかし昨今その観念が徐々に変わりつつある、と語るのは建築家の馬場正尊さん。都心の廃墟ビルなど機能不全に陥った建物の数々を・・・

綿々と続く「生命」を
身近に感じ暮らす豊かさ。

せんせい:長濱香代子

日常の中で、ふと緑のある場所を見つけると気持ちがいいものです。色とりどりの花、風にそよぐ木々や草の薫りに心は落ち着き、ときに感動さえします。「庭は、大きな自然へとつながっている」そう語るのは、ガーデンデザイナーの・・・

五感で味わいたい、
「本」のある暮らし。

せんせい:坂川栄治

どこ国のどの町にも必ず書店や図書館はあるもので、意識してみれば、私たちの生活の傍にはいつも沢山の本があります。本という、絵や文字のかかれた紙の集合に、私たちはなぜだか引き寄せられるものです。本というものの魅力とは・・・

もっと自由に、柔軟に。
インテリア雑貨を楽しむ暮らし。

せんせい:作原文子

「素敵なインテリアで、自宅を心地よい空間にしたい」とは誰もが思うこと。けれども、身につけるものには気を使っても、家の中のことは、つい後回しになってしまって・・・という人は少なくありません。雑誌・広告・映画などで活躍し・・・

衣を通じて伝えたい
東洋的思想と自然と共生する暮らし

せんせい:真砂三千代

日々の暮らしをもっと心豊かに過ごしたいと願いながら、仕事や家事、子育てなどに追われ、ただ慌ただしく過ぎてしまうという人は多いのではないでしょうか。仕事や家事をこなしながら、より心豊かに過ごすにはどうすれば・・・