自由時感

  1. ホーム
  2. 自由時感
  3. 衣を通じて伝えたい 東洋的思想と自然と共生する暮らし

時間の生き方1問1答

Q1、真砂さんが考える「豊かな暮らし」とは?

一つは自然の中に身を置くことですね。海へ行って空の色が変わっていく様子を見たり、仕事でなかなかうまく行かないことがあっても、自然の豊かさを感じると心が洗われるというか、そういうものをふと忘れられる時ですね。うちで育てている田んぼも本当に美しいんです。毎年の事なのですが収穫した新米を炊いて、お味噌汁と少しのおかずで頂く夕食は、本当に幸せで豊かな時間だと思います。

あともう一つは、自分が作りたいと思っているものがなんとなく、ふっと見えてくるんですね。断片的に見えるけど、どこかで全部つながって衣という形が出来た時の感動、あぁ本当にこれでいいんだと思える瞬間です。その瞬間に出会えることがすごく嬉しく、自分を豊かにしてくれると思います。

Q2、今後の目標やそれに向けた取り組みなどはありますか?

まだ具体的ではありませんが、今考えているのは家の使い道ですね。この家をこのままいいかたちで残す為にも、サロンとかにしていくのがいいかなって考えています。葉山はもともと別荘文化があった土地で、ヒーリングエリアとしての記憶や空気がまだまだ残ってるんです。心も身体もリラックスできる場所での衣食住の提案や次世代のクリエーター達の出会いの場として使うなど、いろいろな企画をしてみたいと思ってます。

Q3、人生と言う自由時間、どう使う?

海外で展覧会をしてから、葉山のショップにも外国の方たちが観に来てくださるようになって、その中でとてもエネルギッシュな人たちとの出会いがありました。海外、特にアジアのことはニュースで流れてくる一つの側面だけみて判断するのではなく、できるだけ自分で行って、自分の目で見て、コミュニケーションすることが大事だと感じました。そういう人たちが作っていく次の時代にとても希望をもっているので、何かお手伝いというか、自分の役割があればいいなと思っています。

アトリエ兼ご自宅の敷地内にあるショップ「Life tree」。真砂さんが手がけるブランド「Afa」と「Life afa」の衣料品や一部セレクト商品を販売。

暖かみのある店内。肌触りの良い自然素材を使用した「Afa」の衣は、見た目にも心地よさが伝わってくる。遠方から買い求めるファンも。

風を感じる透け感のある素材が涼しげなブラウス。直線的なラインを用いた独特なデザインでありながら、着る人の世代や時代を問わない。

ご自分の感覚を大切にしながら作品を生み出す真砂さん、
本日はありがとうございました。

真砂さんが手がけるブランド
Afa 公式サイト http://afa1986.jp/
Life afa 公式サイト http://lifeafa.jp/

  • 1
  • 2

“使い続けられる楽しさ”を基準に
モノを選ぶというエコ。

せんせい:高橋百合子

買い替えればエコ。そんな情報に溢れている近ごろの中で、環境にいいモノを選びたいけれど忙しい中で品物を吟味するのはちょっと難しい気が。ちいさな時間にできるエコなお買い物のコツとは?そこで‘90年代から国内外のサスティナブルな商品を・・・

無理なく、そして楽しく。
日々の暮らしを上手に整えるコツ。

せんせい:門倉 多仁亜

忙しいと後回しにしがちな家の中のお手入れ。特に真夏の時期は、すっきりとした家で心地よく過ごしたいものです。そこで今回は、ちいさな時間で家をきれいに保つコツや、素敵なインテリアの作り方を料理研究家の門倉多仁亜さんに教えていただき・・・

変化する自分と家族を見つめて。
住み処を流動させるという価値観。

せんせい:馬場正尊

家族を持ったら土地を買い家を建て終の棲家を得る。それが理想の生き方である。世の中にはそんな観念がありはしないでしょうか。しかし昨今その観念が徐々に変わりつつある、と語るのは建築家の馬場正尊さん。都心の廃墟ビルなど機能不全に陥った建物の数々を・・・

綿々と続く「生命」を
身近に感じ暮らす豊かさ。

せんせい:長濱香代子

日常の中で、ふと緑のある場所を見つけると気持ちがいいものです。色とりどりの花、風にそよぐ木々や草の薫りに心は落ち着き、ときに感動さえします。「庭は、大きな自然へとつながっている」そう語るのは、ガーデンデザイナーの・・・

五感で味わいたい、
「本」のある暮らし。

せんせい:坂川栄治

どこ国のどの町にも必ず書店や図書館はあるもので、意識してみれば、私たちの生活の傍にはいつも沢山の本があります。本という、絵や文字のかかれた紙の集合に、私たちはなぜだか引き寄せられるものです。本というものの魅力とは・・・

もっと自由に、柔軟に。
インテリア雑貨を楽しむ暮らし。

せんせい:作原文子

「素敵なインテリアで、自宅を心地よい空間にしたい」とは誰もが思うこと。けれども、身につけるものには気を使っても、家の中のことは、つい後回しになってしまって・・・という人は少なくありません。雑誌・広告・映画などで活躍し・・・

リノベーションで実現する
豊かな暮らしを広めたい。

せんせい:谷島香奈子

今ではよく耳にするようになったリノベーションという言葉。しかし、設計や費用のことなど、敷居が高いと感じてしまう人が多いのは事実。それでも、リノベーションで広がる住まいづくりの楽しさや豊かさを知らないのは・・・